Categories

A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

1 / 212

こいつは手強いぞ。3

IMG_2227
ボトムのヒビも取ってクロスを入れました。
IMG_2229
デッキ部分をコート掛けました。
磨いて完成です。
今朝、お客さんが夜勤明けで取りにきてくれました。
何とか間に合って良かった良かった!
トリップ楽しんできてね。


スキムがボロボロ2

IMG_2225
ボトムのエッジも新しいクロスに張り替えました。
IMG_2226
それにしても、このボードはぜんぜん使い込まれてませんね。壊れてる割にすり減ってません。


こいつは手強いぞ。2

IMG_2203
ロッカー合わせました。
IMG_2205
潰れてしまい高さの足らないデッキ部分をかさ上げします。
今回はフォームを入れるほどではなかったので、Qセルとクロスで。
IMG_2207
折れたストリンガーのまわりを補強します。
IMG_2221
全体、削って整形してからクロスで巻きました。


バートンのノーズ折れ4

IMG_2142
塗装を磨いて、やっと完成しました。
さっそく発送しました。
よろこんでもらえるとうれしいですけどね。


スキムがボロボロ

IMG_2208
スキムボードが信じられないほどボロボロですよ。
写真にはありませんが、ボトムも3分の1剥離してましたがすでにくっつけました。
テールも折れかかってます。邪魔なので、デッキパットは剥がしました。
IMG_2209
サイドを除いてノーズもテールもレールがありません。
割れた部分を削り、Qセルとクロスで埋めました。
Qセルだけだと、すぐに割れちゃいますからね、特にスキムボードは。
IMG_2218
Qセルを整形しました。
IMG_2219
それにしても、いつも思いますが、スキムって値段の割に作りがチャチですね。
もう少し何とかならんもんでしょうか?
IMG_2222
エポキシ樹脂にピグメントを入れてクロスを巻きました。
グリーンもなかなか色は合わないですけど。
IMG_2223
このグリーンはまあまあです。


こいつは手強いぞ。

IMG_2198
こいつは手強いぞ。って内容はどうって事ないセンター折れの修理ですけど、なにしろ時間がない。
これを遅くとも25日の朝までに仕上げないといけない。てことは実質24日までじゃん!
IMG_2199
ということで、さっそくくっつけました。
水が入ってないのがラッキーでしたね。


天竜浜名湖鉄道でOB会

IMG_2154
学生の時のサークルのOB会があって天竜浜名湖鉄道のティーティートレインっていう特別列車に乗ってきました。掛川で全国お茶サミットというイベントがあるので、そのPR用なのかな?後輩がこの列車の仕掛け人の一人。豊橋の市電の「おでんしゃ」みたいなやつ。ちなみに天竜浜名湖鉄道はディーゼル車なので電車じゃありません。
IMG_2157
天竜二俣駅に到着したおじさん、おばさん。なんと70年前のホームだそうです。ここの施設は文化財だらけ。
IMG_2171
特に有名なのがこの転台車(車両の向きを変えるターンテーブル)今でも現役。違った、転車台だった。台を転がしてどうする。
IMG_2174
掛川に戻って駅の飲み屋で宴会。って総勢6人ですけどね。
左側のおじさんが今回の仕掛け人、右は自分の同級生。
IMG_2177
後輩3人組
IMG_2186
カメラアプリで喜ぶ人たち。
それにしても、みんな変わってなくてビックリしました。
また、近々やりましょう。
こういうのは元気なうちに何度もやっとかないとね。
今回は楽しい時間をありがとうございました。


やっと削り始めました。3

surf shape1
デッキ側は6オンス2枚でラミネートしました。さらにストリンガーの上は10cm幅で補強しました。
EPSフォームは思った以上に凹みますからね。
ちなみにボトムは5.5オンス一枚です。もちろんフィンプラグ周りは補強入り。^o^
あとは、リーシュカップ埋め込んで、磨いて完成です。
ちょっと写真がピンボケ。


バートンのノーズ折れ3

burton1
積層したグラスを削り整形しました。
ついでにホットコートをかけました。
burton2
ホットコートを磨いて、プラサフを吹きました。サンディングの目を消します。でも、まだサンディングするんですけど。
burton3
ブラックを吹きました。


ロングボードが真っ二つ。2

long repaire bottom
ボトムの継ぎ目でフォームが潰れた部分に新しいフォームを入れ、ストリンガー沿いにクロスで補強しました。
long repaire deck1
デッキ側にも補強を入れて、ブラシで塗装しました。
long repaire deck2
クロスを巻いて、磨いて完成です。
塗装が上手いこと仕上がったので、修理跡が目立たなくなりました。


1 / 212